HOME > 眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労とは、主に健常者ならば異常を訴えない環境において、ものを見る作業で【眼痛、目の疲れ、頭痛】などを訴える一連の不定愁訴症候群のことを言います。

 

このような症状でお悩みではありませんか?

 

眼精疲労の原因

眼では調節、輻輳、眼位、屈折異常、眼球運動、両眼機能の異常や、緑内症などの気質疾患が潜在することが多いため、目に異常がなくても全身的慢性疾患、心身症、人間関係のストレス、照明などの生活環境への耐性低下などが原因のこともあります。

眼精疲労を放っておくと、VDT症候群【visual display terminals】という症状を発症してしまいます。VDT症候群は、ほとんどの知的業務に伴う光刺激を介した視機能に対する影響、業務自体のストレスの蓄積により発症する不定愁訴症候群です。

 

当院の治療方法

まずは問診をおこなっていきます。その際に同時に併発している症状(肩こり、腰痛など)なども確認していきます。

次に、各種の神経学的検査をおこなっていき、情報を整理し状態の把握します。

最後に、鍼治療やカイロプラクティック、手技を主体とした治療計画を立ていき治療に入っていきます。

 

眼精疲労でお悩みの方は当院にお任せください

ARAKI鍼灸院/整骨院では、マッサージなど一時的な対処ではなく、原因をつきとめ痛みなどの不快な症状を根本から改善する施術で早期回復を目指します。症状が悪化する前に当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。