HOME > 腱鞘炎

腱鞘炎

腱鞘炎は、腱と腱鞘という部位が炎症して痛みを感じる病気のことをいいます。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎は、手首や指を使いすぎることが原因として挙げられます。特定の部位を酷使することで、腱と腱鞘に過剰な摩擦が生じてしまうからです。

デスクワークでキーボードを長時間操作したり、楽器を演奏するなど手首や指を酷使する人に多い病気でもあります。
最近ではスマートフォンの使い過ぎによって発症する人も増えています。ただし、あまり指を酷使していない場合でも発症することがあり、加齢によって腱鞘が硬くなることも原因の1つと考えられます。

妊娠や出産などで起こるホルモンバランスの変化が影響を及ぼすこともあるようです。
指や手首を酷使することで発症することが多いので、症状を改善するには指や手首をあまり使わないようにすることが大切です。

腱鞘炎でお悩みの方は当院にお任せください

腱鞘炎だからと言って放置したままにしてしまうとさらに症状が悪化して、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
ARAKI鍼灸院/整骨院では、マッサージなど一時的な対処ではなく、原因をつきとめ痛みなどの不快な症状を根本から改善する施術で早期回復を目指します。
症状が悪化する前に当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。